So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は冬至 [おいしいもののこと]

   冬至ということで、南瓜を煮て、ゆず大根を作りました。

    111222_135537.jpg   111222_135858.jpg
   

   今夜は、ゆず湯であったまりたいと思います。


nice!(9)  コメント(7) 

巨星落つ [お気に入りのこと]

   先月中旬、文化の1つの終焉を知らせるニュースに目頭が熱くなりました。

   11月21日、立川談志師匠、死去。

   当日は、姪っ子の誕生日、ということもあり、ほのぼのぉ~と過ごしていたのですが、

   後日になってニュースで知った際には、涙が止まりませんでした。

   落語好きの相方さんと“もにょち”にとっては、とてもとても大きなことで…。

   日々、番組欄で追悼番組をチェックし、HDに録画しております。

   賛否両論ある方ですが、相方さんと“もにょち”にとっては、

   師匠について、上記のように「文化」という認識をしておりました。

   落語における知識の宝庫、落語だけでなく、古き良き日本を知る知識人の1人だと思っておりました。

   また、落語を哲学に高めた方だとも思っておりました。

   「落語とは、人間の業の肯定である」。

   落語を聞いていると、さまざまな人物が描かれるとともに、滑稽な中に喜怒哀楽が見え隠れします。

   それも、単純に描かれているだけでなく、よくよく聞くと、考えさせられる1コマもあったり。

   笑えるだけでなく、皮肉に満ちていたり、実は笑えないユーモアが含まれていたり。

   そこを掘り下げて掘り下げて、体現して下さった師匠だと、“もにょち”は思っています。

   ただ単に、1人の人間が亡くなった、というだけではなく、知識が1つ、失われた。そう思います。

   相方さんとよく、話します。1度でも、師匠の高座を聴くことができてよかった、と。

    実父がよく、「(古今亭)志ん朝の高座はすばらしかった」と話しますが、

   相方さんも“もにょち”も、「立川談志の高座はすばらしかった」と話すことができます。

   それに、これからはDVDで師匠の高座を楽しむことができます。

   …師匠の落語の発展を観ることができないのは寂しいですが…。

   約半月経って、ようやく、悲しみから感謝の気持ちに変わってまいりました。

   発展を観たい、というのはファンとしての欲であり、勝手な発言だと“もにょち”は思います。(反省)

   師匠のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。


コメント(8) 

2011・夫婦2人で山梨旅行~後編~ [旅行のこと]

   12月になったら、なんだか寒いですね…。

   さて、山梨旅行の続きです。

   2泊のうち、先の1泊はお宿でのお夕飯は予約してませんでした。

   なので、近場のお店にて。このお店がまた、素敵なお店でした!

   …といって、お料理の詳細を忘れてしまったので、ちまちま~っとした写真でご了承ください…。

   2011山梨旅行07.jpg前菜。

   あったかくて、新鮮で、とてもおいしかったのを覚えています。

続きを読む


nice!(9)  コメント(12) 

2011・夫婦2人で山梨旅行~前編~ [旅行のこと]

   これまた長らくご無沙汰してました。

   11月、1度も更新せず、でした…。

   ぼちぼちですが、今月中にはなんとか完結できるように、

   10月の、相方さんとの2泊3日の旅行について、ご紹介していきたいと思います。

   10月の第2週。相方さんの遅い夏休み

   遠出するには、“もにょち”の体力が…ということで、近場にしようとあれこれ検索。

   こちらに向かいました。

   2011山梨旅行01.jpg 

続きを読む方は、ポチッとクリック☆彡


nice!(8)  コメント(10) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。