So-net無料ブログ作成
検索選択

巨星落つ [お気に入りのこと]

   先月中旬、文化の1つの終焉を知らせるニュースに目頭が熱くなりました。

   11月21日、立川談志師匠、死去。

   当日は、姪っ子の誕生日、ということもあり、ほのぼのぉ~と過ごしていたのですが、

   後日になってニュースで知った際には、涙が止まりませんでした。

   落語好きの相方さんと“もにょち”にとっては、とてもとても大きなことで…。

   日々、番組欄で追悼番組をチェックし、HDに録画しております。

   賛否両論ある方ですが、相方さんと“もにょち”にとっては、

   師匠について、上記のように「文化」という認識をしておりました。

   落語における知識の宝庫、落語だけでなく、古き良き日本を知る知識人の1人だと思っておりました。

   また、落語を哲学に高めた方だとも思っておりました。

   「落語とは、人間の業の肯定である」。

   落語を聞いていると、さまざまな人物が描かれるとともに、滑稽な中に喜怒哀楽が見え隠れします。

   それも、単純に描かれているだけでなく、よくよく聞くと、考えさせられる1コマもあったり。

   笑えるだけでなく、皮肉に満ちていたり、実は笑えないユーモアが含まれていたり。

   そこを掘り下げて掘り下げて、体現して下さった師匠だと、“もにょち”は思っています。

   ただ単に、1人の人間が亡くなった、というだけではなく、知識が1つ、失われた。そう思います。

   相方さんとよく、話します。1度でも、師匠の高座を聴くことができてよかった、と。

    実父がよく、「(古今亭)志ん朝の高座はすばらしかった」と話しますが、

   相方さんも“もにょち”も、「立川談志の高座はすばらしかった」と話すことができます。

   それに、これからはDVDで師匠の高座を楽しむことができます。

   …師匠の落語の発展を観ることができないのは寂しいですが…。

   約半月経って、ようやく、悲しみから感謝の気持ちに変わってまいりました。

   発展を観たい、というのはファンとしての欲であり、勝手な発言だと“もにょち”は思います。(反省)

   師匠のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。


コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 8

コメントの受付は締め切りました
ゆうみ

がっかりしました。
お力のある方が次々と亡くなられていきますね・
by ゆうみ (2011-12-05 13:41) 

へろーめ

早すぎる登場と、惜しすぎる退場
最初から最後まで「談志」流でした。

by へろーめ (2011-12-05 16:05) 

けやき

あれほどの落語家さんが「声がでない」…
とても辛い日々だったと思います。
ご自身の戒名まで残されて、談志流なのですね。
ご冥福をお祈りいたします。
by けやき (2011-12-06 19:04) 

nyan

私も、まだ、ショックから抜けきれない感じ・・・
ホント、好きで・・・
by nyan (2011-12-12 15:18) 

もにょち

>ゆうみさん
コメント、ありがとうございます☆彡
今年はまた、本当にいろいろな方がお亡くなりになって…。
原田芳雄さんもそうですが、談志師匠についても、なんだかもう、心にぽっかりと穴があきました…。
さみしいです…。
by もにょち (2011-12-13 18:02) 

もにょち

>へろーめさん
コメント、ありがとうございます☆彡
師匠「らしい」といえばそうかもしれません。
でも、それすらも今は…悲しいです…。
by もにょち (2011-12-13 18:03) 

もにょち

>けやきさん
噺家にとって声はなくてはならない仕事道具、ですよね…。
手術後の高座を観たことがありますが…今となってはいい思い出です。
悲しいし、さみしいですが、魅せていただいたことに感謝しています。
ただもう、ああいう噺家は現れないと思うと…切ないです…。
by もにょち (2011-12-13 18:05) 

もにょち

>nyanさん
コメント、ありがとうございます☆彡
空虚感が尋常じゃないです。
「いつかは」と覚悟はしていましたが、実際はなんとも…。
胸が苦しくなります…。
by もにょち (2011-12-13 18:06) 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。